エアコンは必要?猫の夏の対策6つ

こんにちは、ねこまたです♪

猫と暮らし始めてから初めて夏を迎えるとき、温度は勿論その他注意しなくてはいけないことは何か、分からずとても迷いました。

我が家は夏の終わりに子猫を迎えたので、なおさらです。エアコンで身体を冷やし過ぎて体調を崩してはいけないし・・と思って、獣医さんに相談してみました。

今回は獣医さんにおすすめされて実践した、夏の対策をご紹介します。

熱中症などを予防!夏にしておきたい対策6つ

1.エアコンで室温を25度~28度程度に保つ

猫にとっての快適な温度は25度前後といわれています。風が入る部屋であればエアコンなしでも快適に過ごす猫もいますが、最近の猛暑をかんがみると、エアコンは必須と言ってよいと思います。気温の上がりやすい地域や、都市部であればなおさらです。

エアコンの温度は成猫であれば室温は25度~28度、子猫や老猫であれば29度~30度を目安にしましょう。設定温度で判断するのではなく、温度計で正確な温度を把握するようにしましょう。

2.湿度を60%程度に保つ

猫にとって温度と同じくらい大事なのは湿度です。温度が低めでも湿度が高いと、毛の中が蒸れてしまい、食欲不振や体調不良につながることがあります。梅雨や秋雨の季節なども、29度設定などでエアコンを使うのをおススメします。

長毛種の猫がいる場合はより毛で蒸れる可能性が高いので気を付けましょう。

3.ブラッシングをこまめにする

夏場は毛の中が蒸れやすい時期です。猫の食欲不振や体調不良を引き起こすだけでなく、皮膚病の予防のためにも、ブラッシングをこまめにして、身体をすっきりと保つようにしましょう。

長毛の子は体に毛玉ができやすく、排泄物が毛についてしまうなど、夏場は特に不衛生なので、バリカンでカットするなどして身体を清潔に保つようにしましょう。

4.あたたかい場所もつくる

クーラーの効いた部屋で快適に過ごしていたかと思えば、あたたかい素材のベッドに移動して、あたたまっていることがあります。冬場のこたつとフローリングの行き来の夏バージョンでしょうか(^^;)

特にお留守番の時はエアコンが効きすぎてしまっていても、あたたかい場所があれば移動して猫の好みに調整できます。

.電気を使わない冷却シートやアルミパネルを置く

お留守番中などに、もしエアコンが効きにくくなったり、想像以上に気温が上がってしまったら、、と思うと不安ですよね。こんな時は、電気を使わない冷却シートやペット用の冷却アルミパネルを置いておくと安心です。エアコンの風が当たらない、猫にとって快適な場所に置きましょう。

.お水をたくさん飲んでもらう

夏場に食欲が落ちる子は多いそうです。食欲が落ちるのはわかりやすいですが、同時にお水を飲む量が減っていないか、わかりにくいですがおしっこの回数などで確認して、量が減っていたら飲んでもらうよう工夫しましょう。

水分補給は人間と同じように猫にとっても大切です。ご褒美フードに少しお水を混ぜるなどしてたくさん飲んでもらいましょう!

まとめ

  1. エアコンで室温を25度~28度程度に保つ
  2. 湿度を60%程度に保つ
  3. ブラッシングをこまめにする
  4. あたたかい場所もつくる
  5. 電気を使わない冷却シートやアルミパネルを置く
  6. お水をたくさん飲んでもらう

最近の夏は本当に酷暑といっていいほどで、人と同じように猫にとっても配慮が必要です。

でも、猫はいま暑いのか、寒いのか、気持ちいいのか、気持ち悪いのか、言葉では教えてくれません。今水がのみたい!とか、今暑いから涼しくして!とか話してくれたらいいのですが(^^;)

猫の行動を見て、好みや感じ方を読み取るしかありませんが、続けているとだんだん猫の好みが分かってきます♪

猫が自分の好きなように選択できるよう、いろんなパターンを作ってあげて、猫の気持ちを読み取ってあげられるようにしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする