猫にたくさんお水を飲んでもらう5つの方法

こんにちは、ねこまたです。

猫は「もともと砂漠に住んでいた」という由来からくる習性のせいか、あまり水分を摂らない動物です。

でも、あまりに飲まないでいると膀胱炎などの病気になってしまうことも。ご飯もお水も好きになってもらって、健康的に過ごしてほしいですよね。

我が家の愛猫も、最初あまりお水を飲まなかったので色々試して、今はしっかりお水を飲んでくれるようになりました。

今回は、猫にお水を好きになってもらうために我が家が実践した5つの方法をご紹介します!

猫にお水をたくさん飲んでもらうために

1.猫の通り道に水を複数置く

我が家の猫は、子猫の頃から遊ぶのに夢中で、ご飯すらもおそろかにするタイプでした(^^;)お水はなおさら気にしない様子だったので、猫が通る道にお水の器を複数置いて、まずはお水を意識してもらうようにしました。器も、陶器やガラスで試したり、いろんな高さを試してみたところ、いくつか猫がすすんでお水を飲む器がでてきたので、その器だけ残していきました。お水を置いてもご飯やおもちゃに夢中の猫ちゃんには、まず数で対抗していきましょう!

2.お水をきれいに保つ

お水はいつも新鮮できれいなものに保つようにしましょう。猫が少しでも口を付けたお水は時間が経つとぬめりがでてきたりして、神経質な猫ちゃんだと嫌がってしまうこともあります。お水は毎日替え、夏場は1日に朝と夕方2回ほど替えると安心です。器もぬめりをとって清潔にすることも忘れずに。少し手間ですが、猫にお水っておいしいなあ!と思ってもらえるように頑張りましょう!

3.猫の水の温度の好みに合わせる

猫によってお水の好みが細かい子もいます。気温によって好みが変わる子は、冬はあたたかいお湯、夏は冷たいお水が好きで、そうじゃないと飲まない!なんて気難しい子もいるようです。我が家の猫は水の温度にこだわりはありませんでしたが、夏場にお水をもっと飲んでほしいなーというときに、氷を1,2個入れると水温が下がって喜んで飲んでくれました。もしあまりお水を飲んでくれないな・・という子には、温度を変えてあげてみる事も試してみてください。

4.循環型水飲み器を使う

温度の好みだけでなく、水の流れ方に好みがある子もいます。我が家の猫は動く水、流れる水が好きで、キッチンの蛇口から流れる水に手をバシャバシャ入れて、すくって飲んでいます。

夏場に水を飲む量が少なくなった時、獣医さんに勧められて使い始めたのが、循環型の水飲み器です。常に水が泉のように動いて、音もするため、動くものに反応する猫の習性にも合っているようです。通常の水の器も一緒に置いていますが、今はほとんど循環型の水飲み器を使っています。

5.フードやおやつに水分を混ぜる

ご褒美のウェットフードやおやつに、少しお水を足してスープ仕立てにして与えると、猫に喜んでもらいながら水分補給ができます。あまり水を混ぜすぎると味や香りが薄くなって食が進まなくなってしまうので、少量だけ足すのがポイントです。猫の好物に混ぜてあげるとあまり怪しまれずに自然に食べてくれます。

まとめ

  1. 猫の通り道に水を複数置く
  2. 水をきれいに保つ
  3. 猫の水の温度の好みに合わせる
  4. 循環型水飲み器を使う
  5. フードやおやつに水分を混ぜる

猫の好みはそれぞれですし、時間とともに変わることもあります。

なにより愛猫の様子をよくみて、猫の気持ちを読み取ってあげることが大切です。

猫の好みをよく知るには、たくさん失敗することも大事です。

とにかく色々な方法を試して、猫の喜ぶツボを見つけて、お水をたくさん飲んで健康に過ごしてもらいましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする