これで安心!猫の臭い対策6つ

こんにちは、ねこまたです。

猫を飼う前、「猫って臭いはするのかな?」「猫を飼って、家が臭くなったらいやだな」と心配する方は多いのではないでしょうか。

飼い主さんのご家族に、臭いが原因で猫を飼うことを反対されている方もいるかもしれません。

今回は、私が実践していて効果的と思う、臭い対策をご紹介します。

猫って臭いはするの?

猫は臭いが少ない動物。でも・・・

猫は基本的にとてもきれい好きで、頻繁にシャンプーなどをしなくても、あまり臭いがしない、とても飼いやすい動物です。ほんの少し、お日様の下で干したふとんの匂いのような、いい匂いがします。ただ、おしっこやウンチはとっっても臭い子が多いです。(^^;)そしてキャットフードも匂いが強く、部屋の匂いの原因になったり、ある程度の臭い対策が必要です。

猫を飼うときに!効果的な臭い対策

1.フード皿を常に清潔にする

猫はキャットフードの強い匂いに引かれるため、ドライフードもウェットフードも匂いが強いものが多いです。フード皿に残ったご飯や、食べこぼしなどを放置すると、時間とともに状態が悪くなり、更に匂いが強くなります。お部屋が臭くなる原因となるので、残ったフードはある程度経ったら処分する、フード皿は毎食洗うなどして清潔に保つことで臭いを抑える事ができます。

2.トイレ掃除をマメにする

猫を飼う中で一番臭いの原因になるのが排泄物です。ウンチは勿論、おしっこも意外と臭います。我が家は猫砂を使っているので、猫がトイレを使ったら、出来るだけ早く回収してトイレをきれいにするように心がけています。

3.トイレの砂、トイレ本体の定期的な掃除

トイレの砂は使っていくと全体的に汚れて臭いがしてきます。汚れてくるとおしっこが固まる効果も薄れてくるので、固まりが悪くなったと感じたらトイレの砂をすべて入れ替え、そのついでにトイレ本体をきれいに掃除しましょう。トイレ本体の底部分には見た目以上に汚れがたまっているので、効果的な臭い対策となります。

4.完全防臭タイプのビニール袋を使う

猫の排泄物の臭いはとても強く、普通のビニール袋に入れておくと臭いが漏れてしまいます。ペットショップやネットなどで、動物用の完全防臭タイプのビニール袋が売られていて、この袋の効果がとても高いのでおすすめです。

5.消臭、除菌スプレーを使う

必ずペットショップや専門店などで、猫が舐めても無害なタイプを選びましょう。トイレの後や、トイレ用スコップを使った後に、シュッと一吹きして掃除をすると効果的です。飼い始めたばかりの猫の排泄物の臭いに慣れない間にも使えます(^^;)

.便の臭いを弱くするおやつを与える

これは猫の好みや体質にもよって効果が左右されますが、猫のウンチの臭いを弱めてくれる消臭成分(緑茶成分など)が入ったおやつが売られているので、こちらを試してみても良いです。我が家ではおやつ自体はとっても気に入ってくれて食べてくれたのですが、体質に合わなかったのか、ウンチがゆるくなってしまったため中止しました。でも、体質に合う場合は良い対策になると思います。

まとめ

  1. フード皿を常に清潔にする
  2. トイレ掃除をマメにする
  3. トイレの砂、トイレ本体の定期的な掃除
  4. 完全防臭タイプのビニール袋を使う
  5. 消臭、除菌スプレーを使う
  6. 便の臭いを弱くするおやつを与える

基本的には猫はあまり臭いの気にならない飼いやすい動物ですが、ピンポイントですごく強い臭いがします(^^;)

でも、その臭いの強い部分さえカバーすれば、簡単に対策が可能です。

多頭飼いの場合はより臭いが気になるところですが、基本的にはトイレなど同じタイミングで対策をとっていれば大丈夫です。

臭いが心配だった!という飼い主候補さんは、ぜひ6つの対策をとって、安心して愛猫を迎えてくださいね!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする