食べる可能性大!猫に危険な食べ物5つ

こんにちは、ねこまたです。

人間と猫の生態には大きな違いがあるため、人間の食べ物の中には誤って猫が食べると体調を崩してしまうものがあります。

怖がりの猫であれば、変わったものを口にすること自体怖がることも多いため必要以上に心配することはありませんが、警戒心の少ない子猫や、好奇心旺盛な猫の場合は注意が必要です。

今回は、猫が誤って口にしてしまいやすい、危険な食べ物をご紹介します。

猫が食べやすい、猫に危険な食べ物

1.甘いもの

ミルクを飲む時期の子猫や、離乳したばかりの猫は、乳製品の甘いにおいにつられて人間のおやつのプリンや生クリーム、ヨーグルトなどを自ら口にしてしまうことがあります。猫に糖分を与えすぎると体調を崩すことも。子猫のうちに甘いものを覚えてしまうと後々猫も辛い思いをするので、ここは心を鬼にして、人間のおやつは与えないようにしましょう。

2.塩分の高いもの

猫は人間より嗅覚が優れているので、魚や肉を焼いたにおいなど、人間の食事のにおいにつられてしまうことが多々あります。特にお肉やお魚はキャットフードにも使用される親しみのある匂いなので、パクッと口にしてしまうことも。しかし人間用の味付けは猫にとっては塩分が高く、体調不良の原因になりかねません。調理後のフライパンをなめる猫もいるので、食事だけでなく、食器や調理器具も猫がなめないように気をつけて管理しましょう。

3.タマネギ、ネギ、ニンニク、ニラ

ネギ類には猫にとって貧血や嘔吐などを引き起こす成分が含まれていて、注意が必要です。加熱しても毒性は失われないので、加工品も与えないようにしましょう。ネギ類単体であれば猫にとって嫌なにおいを放つため、進んで口にすることはあまりないのですが、猫が好きなお肉と一緒に調理すると、おいしそうなにおいにつられて食べてしまうケースがあるのでハンバーグ、肉じゃが、すき焼きなどの調理時はキッチンに猫を入れないなど対策をとりましょう。

4.チョコレート

チョコレートに含まれるテオブロミンという成分やカフェインによって下痢や嘔吐などの中毒を引き起こすことがあります。猫はあまりチョコレートを好みませんが、カカオが多く含まれているダークチョコレートは少量で中毒を引き起こすことがあります。チョコレートが入ったフィルムの包装紙などはカサカサと音がして、猫にとっては格好のおもちゃとなります。遊んでいるうちに誤って口に入れないように、猫の手に確実に届かない場所に保管しましょう。

5.コーヒー、緑茶などカフェインを含む飲み物

猫がカフェインを摂取しすぎると、興奮症状や呼吸が激しくなるなどの中毒症状がみられることがあります。カフェインはコーヒーだけでなく、緑茶、ウーロン茶、ココア、コーラなど色々な飲み物に含まれているため、飼い主さんやそのご家族がよく飲む場合は普段から注意しましょう。コーヒーを挽いて淹れたてを楽しむご家庭では、床に落ちていたコーヒー豆を猫が誤飲するケースもあります。コーヒー豆にもカフェインが含まれているので、注意が必要です。

まとめ

  1. 甘いもの
  2. 塩分の高いもの
  3. タマネギ、ネギ、ニンニク、ニラ
  4. チョコレート
  5. コーヒー、緑茶などカフェインを含む飲み物

基本的には普段から猫と人間が口にするものははっきり分けて、人間の食べ物は猫に与えないように慣らしておくことが重要です。

猫はおもちゃで遊びながら、そのおもちゃを噛む習性があるため、たまたま床に落ちていたもので遊んでいて、そのまま誤飲してしまうケースも多いです。

人間の食べ物を与えないようにするだけでなく、キッチンや部屋を常にきれいに保つことや、食べ物や飲み物を猫の手が届くところに放置しないよう注意しましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする