覚悟は出来た?猫を飼う前に確認しておきたい5つの心構え

こんにちは、ねこまたです。

猫と一緒に暮らす生活は、とても楽しいものです。飼い主さんの後をついてきたり、安心したように眠る姿は、仕事の疲れが吹き飛ぶくらい可愛らしいものです。

幸せいっぱいの猫との生活ですが、猫を飼うことは「命をあずかること」ということを忘れてはいけません。我が家に来てくれた子を、最後まで全力で守る、という覚悟が必要です。自分のやりたいことや予定よりも、猫を優先しなければいけない場面がたくさん訪れます。

今回は、猫を飼う前に覚悟しておきたい5つの心構えをご紹介します。

猫を飼う前に覚悟しておきたい5つの心構え

1.猫のお世話は毎日続く。お休みなし!

毎日の食事や新鮮なお水の用意、トイレ掃除、猫自身のお手入れ、温度管理、体調管理など、猫のお世話は毎日毎日、お休みなしで続きます。そして猫の月齢や体調、気温に合わせたお世話が必要となり、毎日同じことをすればいいというものでもありません。猫は「これで良いよ、満足!」とか「これは嫌!」とか伝えてくれませんから(^^;)想像力をフルに稼働させて、お世話をバージョンアップしていかなくてはいけません。

2.猫の生態や習性について理解して、常に猫の立場に立って考える

猫の生態や習性への理解は、お世話をするにあたって重要なことです。猫は寒がりのため、人間の感覚では「今日は涼しいなー」位でも、猫はとても寒く感じているかもしれません。猫は人より嗅覚が優れているため、キャットフードを少しあたためると匂いが立って食べつきが良くなります。水平移動より立体移動が好きなため、広いリビングで走り回るより、キャットタワーで遊ぶ方が満足度が高いです。自分の感覚や常識だけで考えるのではなく、「自分とは別の生き物である」という事を忘れずに、猫の立場に立って考えられるようにしましょう。

3.しつけが失敗したときには、きっぱりあきらめる

家具や壁紙で爪とぎをしないように、人間の手や足を噛んで傷つけないように、食卓のテーブルに乗らないように・・猫のしつけの方法は色々あります。でもこれがすべて成功するとは限りません。どんなに注意しても直らなかったり、中途半端なしつけでしつけ自体が失敗してしまうこともあります。その時にはきっぱりあきらめる事が大事です。「手を噛まれたくない」「ソファを傷つけられたくない」「テーブルにのぼられたくない」という人の都合による気持ちより、猫の気持ちを優先できる心の広さを持ちましょう。

4.とんでもなく毛が抜け

ほとんど毛がない種類の子や毛の抜ける量が少ない子もいますが、基本的に猫は抜け毛が多い動物です。長毛種の子の場合はさらにとんでもないことになります(^^;)抜けた毛は部屋中に落ち、隙間に入り込み、ソファやカーペットにからまり、人間の服にも付着します。猫の毛はとても軽いので、簡単に舞い上がり文字通り部屋中に広がります。我が家では粘着式クリーナーが手放せません。落ちた毛を猫が口に入れないためにも、こまめな掃除が必要となります。

5.予想以上にお金がかかる

猫を飼うために必要なものはたくさんあります。そして専用のキャリーやケージは意外と高価です。キャットフードも、もし猫に穀物アレルギーなどがあれば、穀物を含まないプレミアムフードなどが必要となります。そしてなにより医療費が高額となるケースが多いです。子猫であればゆくゆくは去勢、避妊手術が必要となりますし、短期間でも入院が必要となるケースもあります。まったく医療費がかからない、というケースの方がレアケースと思って、十分な準備と心積もりをしておきましょう。

まとめ

  1. 猫のお世話は毎日続く。お休みなし!
  2. 猫の生態や習性について理解して、常に猫の立場に立って考える
  3. しつけが失敗したときには、きっぱりあきらめる
  4. とんでもなく毛が抜ける
  5. 予想以上にお金がかかる

猫の個性や性格を、お迎えする前に完全に把握するのは難しいですよね。

成長や環境の変化によって、癖や性格が変わる事も多いです。

思い通りにならないのが、猫の魅力の一つでもあります。

あなたの元に来てくれた運命の子を全力で幸せにしてあげましょう♡

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする